本文へスキップ

こだわり帯び仕立て.com 美どりは質にこだわる帯仕立て加工専門店です。

電話でのお問い合わせは045-323-1330

メールでのお問い合わせはこちら



美どり

帯と着物の組み合わせ point!


point1
 格を合わせる
point2 色柄を調和させる
point3 素材を合わせる


★着物の初心者が先ず困るのは、帯や着物の格についてですね。
 先ずは、格というものを理解しましょう。
★袋帯は、二重太鼓。名古屋帯は、一重太鼓になります。二重太鼓が格上になります。


point1 帯と着物の格について




帯の格 ※下記のような順番で格が決まっています。

1丸帯    →黒留袖、振袖
2袋帯    →黒留袖から紬まで(素材や柄で格が違います。)  二重太鼓
3九寸名古屋帯→略礼装から紬まで                  一重太鼓
4八寸名古屋帯(袋名古屋帯・かがり帯)→街着用    一重太鼓

●1丸帯が最上位格です。現在は、丸帯はほとんどなくなりましたので 、 袋帯が一番格上になっています。
●一般的には、略礼装以上は袋帯を使いますが、名古屋帯でも綴れ(つづれ)帯のように格の高い名古屋帯は、準礼装まで使用されています。

着物の格


1黒留袖 5つ紋           第一礼装  
2色留袖 3つ紋→1つ紋の順です。   準礼装
3無地 1つ紋 柔らかい素材ちりめん類   略礼装  江戸小紋も無地の一種です。
4訪問着                外出着
5付下げ                外出着
----------------------------------------------------------------------------
6小紋、紬               街着、おしゃれ着

※先ずは、着物と帯の格を合わせて着用することが基本です。
 しっかり、それぞれの格を理解しましょう。
※柄ゆきによって着物も帯も格が違ってきます。

柄付けによる格
 

・着物と帯の調和の場合、吉祥紋様等の着物であれば 吉祥柄で帯を合わせるとバランスがとれます。
(吉祥文様…鶴、扇、松竹梅、御所車、鳳凰などが代表的ですが、中国から伝わった物や日本に来てから吉祥文様
 なった物があります。鶴や鳳凰は中国からですが、松竹梅や御所車などは日本で吉祥文様とされたものです。)
・紋様によって柄には格がありますので、吉祥文様に矢絣などの幾何学模様やあまり柄の格が違うものを
 組み合わせるとおかしくなります。


素材による格
・伝統的には、黒紋付きの羽二重や留袖の縮緬の柔らかものが格上とされ、
   本場大島紬のような大変高価な物でも紬は格下とされてきています。
 ただし、最近では無地の紬などの一つ紋付き(縫い紋)も略礼装として使われる事もあるようです。



point2 色・柄の組み合わせ方


●同色系の組み合わせ

・無難な組み合わせで品良く安定した感じになります。
・同色の濃淡でまとめると一般的ですっきりと上品な印象を与えます。


●反対色の組み合わせ
個性的な組み合わせで、粋な着こなしがお好みの方向きです。
・帯を合わせる場合、八掛(裾回し)の色や着物の一部の色、(柄や地色の部分)に合わせると全体のバランスが良くなります。

※反対色の組み合わせは、着る方のセンスになります。普段から、色の組み合わせを研究しましょう。無地と柄の組み合わせを考えてスッキリさせると粋にになります。


柄ゆきの組み合わせ

・小紋の着物などで、柄行きが目立つ・派手な物のような場合、
  帯は無地のポイント柄のような物を合わせるとスッキリとした印象になります。
・逆に、帯の柄が全体柄で派手な物の場合、
  着物は無地系の押さえた柄行き方がコントラストがついてそれぞれの色や柄が引き立ちます。

・帯と着物の柄ゆき同士が、お互いを強調すると良さを消し合ってしまうこともございます。
 そのような組見合わせになるような場合は色の濃淡で調和を取ると良いでしょう。


point3 素材の組み合わせ方

※一般的に染め帯とは、塩瀬のような柔らかい帯。織りの帯とは、紬帯のような堅い素材です。

●染め帯(柔らかい帯)と染めの着物(柔らかい素材)
・縮緬や綸子の着物に同じような素材や塩瀬等の染め帯の組み合わせ。
・柔らかい女性らしさが出せますので、社交着としての装い方と言えます。


●染め帯(柔らかい帯)と織りの着物(堅い素材)
・昔からの定石です。
・大島紬や結城紬などの織の着物に、染め帯を組み合わせます。
・織りの着物の堅さを染めの帯の柔らかさで補うといった装い方で趣味性が強くなります。


●織りの帯(堅い帯)と染めの着物(柔らかい素材)
・織の帯と縮緬や綸子の着物の組合せ。
・礼装からおしゃれ着まで 用いられています。
・着物がドレッシーな感じであれば、光沢のある帯を組み合わせると更に格調が高くなります。


●織りの帯(堅い帯)と織りの着物(堅い素材)
織りの帯と大島紬や結城紬などの織りの着物の組み合わせ。
・一般的には 街着などの場合に合わせる方や、お稽古着の場合にふさわしく、色・柄によっては 社交着の組み合わせとして用いられます。



夢結び情報


  1. 夢結びの特徴 作り帯
  2. 実用新案登録
    「夢結び」加工のご注意
    「夢結び」作りの裏話
    お客様帯のお直し
  3. 夢結びのご注文前に
    オーダーの手引き
    着装方法
  4. ご注文方法

    ※ご帯加工ご依頼品の受け入れは、下記営業日内となりますので、よろしくお願いいたします。


    ご依頼品のお届け納期は、お客様帯の到着日より下記営業日内日数10日間が目安になりますので、よろしくお願いいたします。

    初めてのお客様は、ご注文方法をよくご覧になってからご注文ください。


  1.   会員ログイン
    メールアドレス

    パスワード

  2. 会員様はログイン後、画面左上の青色ご注文ページから注文画面にお進み下さい。
  3. ※パスワード紛失 (パスワードをお忘れの方はこちら
  4. こちらからご登録下さい。
    ※[新規会員登録]
  5. 新規会員様には300ポイント進呈
  6. お客様の声
  7. ◆新潟帯加工所のご紹介
    大切な帯をお送り頂く前にどうぞご覧ください。
  8. 新聞掲載記事のご紹介
    新潟日報掲載記事
    糸西タイムズ掲載記事1
    上越タイムズ掲載記事
    糸西タイムズ掲載記事2
  9. 帯の知識
    一重太鼓と二重太鼓
  10. 帯の種類について
  11. 帯と着物の組み合わせ  ポイント!
  1. ご注文伝票
    電話注文などのお客様はプリントしてFAXや品物添付用ご使用ください。

販売者情報


こだわり帯び仕立て.com
       美どり


<帯のお送り先>
住所 〒220-0023
   横浜市西区平沼2-10-16
      美どり 
   
    TEL.045-323-1330
    FAX.045-323-5531
  

<帯加工所>
帯加工所(株)帯たかし
新潟県糸魚川市筒石15-3

obi@midori-w.com
→こだわり帯仕立てHPへ
→美どり和裁(横浜店舗)へ

※ご依頼品のお届け納期は、お客様帯の到着日より下記営業日内日数10日間が目安になりますので、よろしくお願いいたします。


H30年3月の営業日

赤枠が休業日、
白枠が営業日となります。

営業日のご案内

4月の営業日

5月の営業日